エロかわプロジェクト

今回購入したのは木村カエラの新作。店に平積みされていて最初に目に留まったので。 彼女の情報は僕の中では皆無だったが、曲は2、3知っていた。奥田民生とかが楽曲提供してたりして、結構好きだった。 その日は外回りが多かったので車の中で拝聴した。 すいません、ファンになりました。プロデューサーのセンスが良いのか、彼女のセンスが良いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロかわショップ

息子役に研究生を抜擢するあたりも、新人を育成していこうという文学座の姿勢が感じられた。ただ、全体的に台詞を噛んだりする事が多く、演技が硬い部分もあった。初日から2日目ということもあったかも知れないが。今後も再演を重ねて、是非例会にしたい作品だと思う。 紀伊国屋をあとにして、東京駅へ。タイミング良く、新幹線に飛び乗り帰宅。 家に帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロかわホール

そんなわけで、お腹いっぱいになり新宿の御用達のビジネスホテルへ。息子が中々寝てくれないから困るという妻からのメールを読み、早速電話をしてみると・・・案の定息子は元気一杯で起きていた。その日はかなり遅くまで寝なかったらしい。僕は久々の東京という事もあり人当り?を起こしたみたいでシャワーを浴びたらすぐ眠りこけてしまった。 2日目 文学座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロかわの真相

痴漢冤罪をテーマにした映画ではあるが、決てありがちな法廷劇ではないし、ヒューマニズムに救われる話でもない。 裁判のドキュメントを見てるようだった。しかし、それは悪い意味ではない。この映画で監督が言いたかった事は、主人公の最後のモノローグにすべて詰まっているような気がする。 とりあえず、満員電車に乗るときは両手をつり革につかまるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロかわ作品

その妻を横目に僕はたまっていた有給休暇を使い、息子の面倒をみた。自分自身子育てには結構積極的な方だと思っていたが、全然あまかった。主婦って本当に大変ですね。また、子育てに神経質な僕だったが、この何日かで息子が何か拾い食いしてもさほど気にしなくなっていた。親が神経質だと、子にうつると母からよく言われていたので、ちょうど良かったのかも知れな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more